システムエンジニアの結婚

システムエンジニアという職種は、勤めている企業によっては相手にとってはとても興味を持たれるでしょう。特に、男性の場合には経済力を求める女性が多いですから、大企業であればあるほど興味を持たれるでしょう。しかし、お付合いに発展すると、相手の態度が変わってしまうことも多い様です。

では、システムエンジニアと結婚する際相手はどういった反応をするのでしょうか。
システムエンジニアの仕事は、何よりも時間も休みも不規則。時には、休みの予定だった日が急遽仕事となることもあるでしょう。デートの約束をしていた日も、突然残業となってキャンセルとなってしまうこともあると思います。そのため、相手にとっては「この人は、仕事と私、どちらが大切なのだろう?」と思われてしまうこともしばしば。相手にとっては「このまま結婚しても、寂しい思いをするのでは?」と思われてしまいます。「経済力があるのは安心だけど、休みの日もいつも一人で過ごすのであれば、結婚しても意味がない」と感じる方もいるでしょう。

逆に、あなたにとっても結婚後仕事に出かけるたびに、「また、仕事なの?」と言われると息が詰まってしまうでしょう。相手が、寂しいと感じていたり、辛いと感じている時には、あなたにとっても苦痛を強いられる可能性が高いということ。ということは、お付合いの時点であなたの仕事のことを理解してくれる相手かどうかを、しっかりと見極めることが大切ということ。そして、「仕事は、生活のために頑張っている」ということをちゃんと伝えることが大切となります。こういった思いをしっかりと伝えることが出来れば、お付合いの時点で相手も理解してくれるかもしれません。
このように、システムエンジニアが結婚を考えた時には、相手が仕事に対してどれだけ理解してくれるかを判断することが大切。これを誤ってしまうと、結婚後お互いが辛い思いをしてしまうことになりますから、じっくりと判断していくことが必要となるでしょう。

もしくは、結婚を機に転職という方法も有りかもしれません。http://engineer-careerchangecourse.com/

No Comments

Post a Comment